伝承の技が作る
素朴な美しさ

古布を裂いて横糸に使い新しい布を織り上げる「裂き織り」の技術は、物を大切にする心とともに、原村内で代々受け継がれてきました。

材料として使う古布の色柄によって思いがけない個性が得られるため、「世界に1枚」の味のある生地が織り上がるのが特徴です。

裂き織り作品
(過去の作品例です)

ラフな織り物などに使われる「ざっくり」という言葉も、「さきおり」が転じた言葉といわれます。
「ぼろ機織(ぼろばたおり)」とも呼ばれるように、素朴な味わいが魅力の織物ですが、細かな目で織り込まれた美しい布地も多く、手しごと作品ならではの高級感が漂います。

「ぼろ機織(ぼろばたおり)」とも呼ばれる地域伝承の織物作品の展示即売会が原村・八ツ手公民館で開催されます。毎日の生活で楽しめるような、様々な作品が販売されますのでどうぞお楽しみにご来場ください。

5

日時

平成30年3月25日(日)
午前9時~午後3時

会場

八ツ手公民館→Googleマップ

問い合わせ先

TEL.0266-79-2501 (秋山 )